« ヒルクライムGP開幕戦“日光霧降ステージ” | トップページ | レガシィ アウトバック燃費(第26回) »

2011年5月19日 (木)

おかいもの チェーンソーと斧

 近所で薪ストーブ用に大量の木をもらってきた(こちらこちら)のはよいのですが、玉切りにしてもらったのを割って薪にしなければなりません。
 ゆふふが平日せっせと薪割りをしてくれているのですが、長い枝や節があるせいで割りにくいものがあり、ウチでもチェーンソーのデビューとなりました。
 

 
 11051801
↑スチールの「MS211C」
 
 4月に高崎の東京パイオニアで購入。使用目的をお話しして、お店の方のオススメのものにしました。使い方はもちろん、(危険も伴うので)注意すべきことなども詳しく教えてくれました。今後もメンテナンスなどでわからないことなど出てくると思うのですが、「ここなら安心」。ちょうどスチールの製品いくつかがキャンペーン価格となっていてよかったです。
 
11051802
 
 実際には先週(15日)ようやくまともに使ったのですが、よく切れて助かります。薪には長い木をバサバサと切っていかねば。
 しかし2ストロークエンジンで音が大きいため、使う時間はご近所の迷惑も考えないと・・・。初回とあってまだ必要ありませんでしたが、チェーンソーを使う上では目立てやチェーンなどのメンテナンスは必須。(使い終わったらチェーンが少々伸びていました。)ガソリンも意外とすぐ無くなるのでガソリンの携行缶やオイルも必要。しっかりやり方を覚えたいと思います。
 
 
 と同時に、玉切りしたものを割るための斧も買いました。
 
11051803
↑バーモンター(というのかな?)のオノ3kg
 
 実家から借りてきた斧の柄が折れてしまったこともあり(この斧は柄を取り替えてまた使う予定)、自分たち用に1本購入。使い分けも考え、ひとまわり重いものにしました。こちらはウチの薪ストーブを設置してくれる高崎の上野商店(軽井沢暖炉)で相談して決定。
 
11051804
 
 重いと言えば重いのですが、これまでの斧より格段に割りやすいです。(最近割っていた木がニセアカシアだからかもしれません。)振り下ろしただけでパコーンと割れることが多いです。
 まだまだ大量の木が残っているため、がんばって薪をつくっていきます。
 
 
 
 しかし、この、薪をつくったときは、チェーンソーにしても斧にしてもふだん使わない筋肉を使うらしく、もうヘロヘロです。。。

|

« ヒルクライムGP開幕戦“日光霧降ステージ” | トップページ | レガシィ アウトバック燃費(第26回) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おかいもの チェーンソーと斧:

« ヒルクライムGP開幕戦“日光霧降ステージ” | トップページ | レガシィ アウトバック燃費(第26回) »