« レガシィ アウトバック燃費(第26回) | トップページ | 今日の薪割り ・・・節があると割れない・・・ »

2011年5月28日 (土)

スチール MS211C (薪づくり)

 引き続き休日は薪づくりです。
 
1105281
↑ゆふふもチェーンソーでびゅー
 
 

 今日は曇り空の下、正午頃から作業開始。長めに切られた木や、節があってオノではどうしても割れなかった木をチェーンソーで切り、切られたものをオノで割っていきました。午後2時でチェーンソーの燃料が切れたのでひと休み。その後3時半頃から5時過ぎまでもうひと作業。チェーンソーもオノも2時間がいいところですね。
 
 さてチェーンソー(スチール「MS211C」)ですが、排気量35ccで重さ4.6kg。バー長は35cmを選びました(選んでもらいました)。チェーンは“通常の4倍長持ち”というのが標準だそうですが、硬いために目立てが自分ではやりにくいということで、一般的なチェーンにしました。チェーンソーを使うからには「目立ては当然」と考え、マメにやっていこうと思います。
 今日は燃料満タン(0.27L)を2回分の消費。前回の開始前に混合ガソリン1L作ったのですが、今日終わってからチェーンソーに給油してちょうど4回分で無くなりました。・・・と考えると、この0.27Lという燃料タンク容量は50:1の混合ガソリンがたとえば1Lのガソリンからだと4回、3Lからだと12回、ちょうど給油できる容量になっているようで感心しました。
 また、2サイクルで爆音を轟かせるのですがそのわりに排ガスは全然煙を出しません。臭いもそれほどしないように思います。
 チェーンソーといえば切り粉などですごく汚れるイメージがありましたが、作業後チェーンのガイドバー取り付け部カバーを外して掃除してみたところ意外と汚れていませんでした。またエンジンの空気導入口(エアーフィルター部分)にも切り粉が飛びにくい構造になっているようで、実際に切り粉はほとんど付いていませんでした。比較的新しい機種だけあって、さすがによく考えられているなと思いますが、チェーンロックの解除は少々やりにくいです。
 とはいえ自分たちにはちょうどいいチェーンソーを買えたと思っています。
 
 今日は目立てもやってみました。まだちょっと慣れないですが、徐々に慣れていきましょう。
 それにしても、オノで割れにくいような節のある部分はチェーンソーにとっても硬いようで、歯の入っていき方が全然違うのがまた妙に納得したり。
 
 明日も作業かな・・・?

|

« レガシィ アウトバック燃費(第26回) | トップページ | 今日の薪割り ・・・節があると割れない・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スチール MS211C (薪づくり):

« レガシィ アウトバック燃費(第26回) | トップページ | 今日の薪割り ・・・節があると割れない・・・ »