« ヘッドレストカバー作成 | トップページ | 桐生ラン(3月11日) »

2012年3月 5日 (月)

大間々ラン(3月3日)

 今年2回目のサイクリングとして、わたらせ渓谷鐵道の大間々駅まで走ってきました。自転車の練習といいながら、途中途中で電車の写真を撮ってるのはいつもの通り。今回は、4月に新型トロッコ気動車が登場するとのことで、そろそろ実車が見られるかも(?)という期待で大間々駅を目指すことにしました。
 
12030301
↑12時過ぎに出発。天気よく、風も微風な感じ
 

 
12030302
↑近くの桜並木の桜は、まだこんなつぼみでした
 
 まずは東武桐生線に沿って北上。
 
12030303
↑東武桐生線の藪塚駅に寄り道。東武線の末端区間は、こんな感じの趣のある駅舎が多く残っています。駅員配置の駅も多いので比較的きれい。もっと注目されてもいいような気がします。 ・・・しかし藪塚温泉の大きな看板が興ざめ
 
12030304
↑交通量の少ない道を選んで行きます。田んぼの中の未舗装路も、ランドナーなので気にせずGO。さすがにこれだけ開けたところでは、ちょっと向かい風
 
12030305
↑赤城山と「りょうもう」号。午前中なら側面にも光が当たるのですが・・・
 
12030306
↑阿左美駅近くの跨線橋から。あ、スカートが切れるところでした
 
12030307
↑阿左美ー新桐生駅間のサミット。このあたり、地形的に不思議なところです。これまでほぼ平地を来たつもりなのに、この先桐生に向かってずいぶん下ります。それにしても桐生線の普通電車は同じ車両ばかりでつまらん
 
12030308
↑新桐生駅でトイレ休憩して、大間々駅を目指します。上毛電鉄の踏切ではちょうど電車が来ました
 
12030309
↑その後、ロケハンを兼ねて知らない道をフラフラ走り、午後1時45分頃に大間々駅着
 
12030310
↑裏の検修庫を見ると、ガラスの向こうに新車らしき姿が
 
12030311
↑しかし手前に1両停まっていて、シャッターも閉じてしまったため、すぐに出てくることはなさそうでした。活躍開始前には正式なお披露目があると思うので、それを期待して待つことにしましょう
 
 ちなみに、わたらせ渓谷鐵道では4月7日(土)、8日(日)に桐生駅から「花桃号」が運転されます。これは新型のトロッコ気動車ではなくディーゼル機関車が引く客車のほうですが、ふだんは桐生まで乗り入れない列車が走るわけなのでぜひご体験を。
 
12030312
↑大間々駅の構内では新旧の気動車がお昼寝中
 
12030313
↑列車が来る時間だったので、駅近の歩道橋から1枚。か、花粉が・・・
 
12030314
↑続いて、大間々駅で先ほどの列車と交換してきた列車も。シーズンオフのためか、どちらも単行でした
 
 
 ということで目的を果たし(?)帰途へ。
 
12030315
↑帰りは寄り道せず、追い風に乗って50分で帰宅
 
 
走行距離:約40km
 
キヤノン PowerShot D10

|

« ヘッドレストカバー作成 | トップページ | 桐生ラン(3月11日) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大間々ラン(3月3日):

« ヘッドレストカバー作成 | トップページ | 桐生ラン(3月11日) »