« 糸魚川ファストランサポート | トップページ | ジャパンカップ サイクルロードレース 2013 »

2013年10月10日 (木)

王滝森林鉄道フェスティバル

 伊東ランの翌日、伊東から長駆6時間かけて長野県王滝村へ。3年に1度開催される「王滝森林鉄道フェスティバル」に行ってきました。
 
13100601
↑会場はSDA王滝でMTB乗りにはおなじみの松原スポーツ公園
 
 

 
 朝6時に伊東を出発、熱海→芦ノ湖→御殿場→富士五湖道路→富士吉田→御坂みち→一宮御坂I.C.→中央道→伊那I.C.→権兵衛峠→木曽福島→王滝と走り、12時ちょうどに会場着。
 
13100602
↑さっそく昼食を、と思って出店をのぞくと、なんとほとんど売切れ。焼きそばなどはすでにきれいさっぱり後片付け完了、ステーキ丼は「ごはん無くなりました〜」。ということで肉だけ(でもまぁおいしかった)と唯一残っていたご飯ものの五平餅で昼食。まわりに食堂も商店もない場所だけに、危うく昼食難民になるところでした
 
 
 ということで昼食をとっていると、隣にいた人たちが「12時半に運材列車が・・・」と言っているのが聞こえました。急いで食べて撮影場所を探します。
 人が多くいたせせらぎ沿いに場所を決め、待ちました。
 
13100603
↑緑のなかを走ってくる運材列車、いいですねぇ
 
13100604
↑ゆーっくり、走ってきました
 
13100605
↑そして走っていきました
 
 
 返しを撮ろうと若干移動。
 しばらくすると、返しではなく、続行でもう1本来ました。 
 
13100606
↑「なんだこれ!?」という感じのタンク車。どこかから模型が大きくなって飛び出してきたかのようなかわいらしさで来たので、思わずアートフィルターのジオラマで。ちなみに中身は入っていないようで、軽ーい音をたてながら通過していきました。(現役当時は重要な燃料輸送列車だったはずです。)
 
13100607
↑さて、運材列車の返しがやってきました。公園の外周を約半周するこの路線、なかなか巧みな線路配置で、写真も撮りやすいです
 
13100608
↑材木を載せているのは2両だけですが、走り去る姿は往年の「はたらくくるま」のたくましさ
 
 
13100609
↑ときに、この場所は王滝森林鉄道の松原停車場があった跡地だそうで。松原スポーツ公園は長野県西部地震で川に流入した大量の土砂を浚渫して盛った場所で、この約20m下が当時の線路跡とのこと
 
13100610
↑こんどは客車列車がやってきました
 
13100611
↑そしてこれは単車のモーターカー。今の鉄道車両の常識から考えると信じられない「小ささ」
 
13100612
↑さらに続行でもう1両。これまた何とも言えないかわいらしい表情で
 
13100613
↑モーターカーが帰ってきました。こちらが正面?
 
13100614
↑もう1両も帰ってきました。これもこちらが正面か。初代サンバー的に小さく愛嬌があるデザインだと思いました
 
 
 さてしばらく客車列車が続くようだったので場所を移動。
 
13100615
↑公園の反対側では運材列車が停車中
 
13100616
↑機関車もゆっくり撮れました。驚異的なホイールベースの短さ!!
 
13100617
↑そしてヒノキを載せた貨車。このヒノキがまた高いそうで・・・。余談ですが、ウチを建ててくれた工務店の社長も「木曽のヒノキがイチバン」と言ってました。ので、ウチも柱などは群馬県産のスギですが土台だけは木曽のヒノキだそうです
 
13100618
↑しばらく待って、王滝の町を見下ろしながら走る区間で運材列車。この区間は今年延伸したそうで、あと数年もすると線路は公園を1周しそうな勢いです
 
13100619
↑走行展示もほぼ終わり、車庫のほうに行くと、モーターカーが入換え中。さすがにコンパクトなだけあって「手で押して」入換えしていました
 
13100620
↑こちらも手押しで入換え中
 
13100621
↑さらに別モデルのモーターカー
 
13100622
↑こちらはさらに簡易的な?作業車??
 
13100623
↑運材列車も戻ってきて並びました。車両の一部は外で保管だそうですが、ヒノキの原木はしっかり車庫の中に・・・
 
13100624
↑ちょっと俯瞰でジオラマ風に。こうして見ると本当にミニチュアのようですが、れっきと1/1のホンモノなのですね
 
 
 ということで3時過ぎまで約3時間、残念ながらお昼に到着では「乗る」ことはできませんでしたが、往年のはたらくくるまの走りをじゅうぶん楽しむことができました。
 それにしても、数十年前のものをここまで走るようにレストアするとは、うらやましい「大人の趣味」だと思いました。それがまた地元の皆さんの喜びや地域のにぎわいにつながっているというのがいいなと思います。
 
 
13100625
↑さて会場で見かけた営林署仕様のフォレスター。ヒノキ原木を貸し出す関係で来ていたようです。大間々でも見たことありますが、カッコイイ。森林管理局=FORESTER OFFICEなんですね。これまた「はたらくくるま」
 
 

|

« 糸魚川ファストランサポート | トップページ | ジャパンカップ サイクルロードレース 2013 »

コメント

伊東ランお疲れさまでした。
モーターカーにホッコリ
因みに木材運搬中との事は営業中?

投稿: のーひらSS | 2013年10月13日 (日) 10時02分

伊東ラン帰路運ちゃんなんてほったらかして、そっちに行けば良かった(^^ゞ

投稿: Gyo | 2013年10月13日 (日) 16時09分

のーひらSSさん>木材運搬はデモンストレーションです。森林局が協力して貸し出したようで、買うとずいぶん高いようですよ
 
Gyoさん>そうなんです、伊東ランとかぶっちゃったので迷ったのですが。ちなみに次は3年後・・・

投稿: シン | 2013年10月14日 (月) 20時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王滝森林鉄道フェスティバル:

« 糸魚川ファストランサポート | トップページ | ジャパンカップ サイクルロードレース 2013 »